No,4『2級管工事施工管理技術検定試験』合格体験記、参考書籍紹介!

「2級管工事施工管理技士」の情報を求めて、当ブログに訪問ありがとうございます。

思いのほか「2級管工事施工管理技士」についての訪問が多かったので

専門サイト「1・2級 管工事施工管理技士の勉強法」を作成しました。

管工事の出題傾向の高い問題!押さえておくべき問題!など合格に近づける内容となっております。

--------------------------

国家資格である施工管理技術検定試験の“2級管工事施工管理技士”を、2017年に取得しました。

そんな“2級管工事施工管理技士”の資格取得に関して、合格体験記!勉強方法!参考テキスト!取得してからのこと!を紹介したいと思います。

 

◇2級管工事施工管理技士とは◇

■概要

2級管工事施工管理技士は、建築現場の“管工事”における施工管理(施工計画の作成・工程管理・品質管理・安全管理など)を行えるスキルを認定する国家資格です。

ちなみに“管工事”とは、給排水衛生工事・暖冷房設備工事、空調設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事などを言います。また建築現場において配置義務のある“主任技術者”になれる資格でもあります。

■主催

一般財団法人 全国建設研修センター

HP:http://www.jctc.jp/exam/kankouji-2

■試験

学科試験:年2回開催

・6月 第1日曜日

・11月 第3日曜日(実地試験と同日)

実地試験:年1回開催

・11月 第3日曜日(学科試験と同日)

■試験時間

・学科試験:10:30~12:40(130分)

・実地試験:14:00~16:00(120分)

■出題形式・出題数

・学科試験:四肢択一式の52問中40問解答

・午後:記述式の6問中4問解答

■合格基準

・学科試験:60%以上 (40問中24問正解で合格)

・実地試験:60%以上 (配点基準等明確になっていなく合否判定は難しい。)

■受験手数料

・学科、実地試験:8,500円

・学科試験のみ:4,250円

・実地試験のみ:4,250円

※上記受験手数料に消費税を含みません。(非課税)

■合格率

・学科試験:56%

・実地試験:39%

・総合合格:22%(56%×39%)

となっています。

 

◇勉強方法◇

働いているサラリーマンの資格試験に臨む際の勉強は、資格試験の出題傾向を理解し、必要な所だけ勉強し1秒で短く効率的な勉強を行うことです!

 

■学科試験の勉強方法

学科試験の「四肢択一式」試験の勉強方法は、ほぼ間違えなく「過去問」メインの勉強と言えるでしょう。

具体的な勉強方法は、

  1. 直近2年分の「過去問」を解きどのような問題が出題されるかイメージを付ける。
  2. 「テキスト」を一読、2級管工事施工管理技士の知識を付ける。
  3. 「過去問(=模擬試験)」を繰り返し解答、出題イメージと解答を合わせる。
  4. 分からない所を「テキスト」で再確認する。

といった勉強方法が確実に合格する一番の方法です。

しかし忙しい施工管理の皆さんですから1~4を実践していては、時間がいくらあっても足りません。ですから「3.「過去問(=模擬試験)」を繰り返し解答、出題イメージと解答を合わせる。」を繰り返し出来るだけ多くやることが一番効率が良い勉強方法と言えます。

 

■実地試験の勉強方法

実地試験の「記述式」試験の勉強方法についても、「過去問」メインの勉強となります。

毎年過去問からの流用問題が多く、対策を立てることでどのような問題にも対応できる「万能解答」を見出すことが可能です。

具体的な勉強方法は、

  1. 過去8年分の過去問を解答し、出題傾向を読み解く。
  2. 暗記すべき事項を抽出する。 / 経験記述の例題を作成する。
  3. 2を暗記する。

といった勉強方法が一番効率が良い勉強方法となります。

私の場合「2.暗記すべき事項を抽出する。 / 経験記述の例題を作成する。」について暗記すべき事項をまとめたA4で5ページの文書を作成しました。

実地試験に関して言えば、的を絞ってしまえばA4で5ページ分のことを暗記出来れば合格出来ます。テキストで何百ページもあるモノを勉強しても9割は、資格取得に無意味な勉強となってしまいます。

 

学科試験・実地試験のより具体的で効率的な勉強方法は「2級管工事施工管理技士を簡単に合格する勉強方法」に記載しております。

 

■必要な勉強教材

2級管工事施工管理技士の勉強方法は、『過去問題』だけで十分です。

そして過去問題が一番丁寧に解説されている、地域開発研究所出版の「2級管工事施工管理技術検定試験問題解説集録版」がおススメ教材となります。

この教材は、「学科試験」「実地試験」に対応しているので1冊あれば全てに対応出来ます。

2級管工事施工管理技術検定試験問題解説集録版(2018年版) [ 地域開発研究所 ]

価格:4,320円
(2018/11/14 01:49時点)
感想(1件)

 ■無料の勉強教材

2級管工事施工管理技士は、試験後過去問が公表されております。

そんな公表された過去問をまとめた記事「2級管工事施工管理技士【過去問PDF】12年分」で過去問を印刷し学習することで過去問題集等を購入しなくても勉強することは可能となります。

しかし解答の解説がないので、インターネットで調べることが必要となります。

--------------------

資格(2級管工事施工管理技士)について相談したいという方がいれば「LINE」で気軽にメッセージ頂ければと思います。

場所さえ合えば一緒に勉強参加させて貰いますし、出来る限りでアドバイスさせて頂きます!

友だち追加

The following two tabs change content below.
Shino40

Shino40

中小企業のサラリーマンとして働く40歳。伸び悩む給料・・・このままでは子供の教育費・老後の生活が苦しいとネットビジネスで人生一発大逆転を目指します!当ブログでは、ハッピーライフを目指すプロセスを記録していきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る